【ガシャポン】HG仮面ライダー12 ~地底から来た、変なヤツ!!編~

公開

倒せ十面鬼 アマゾン怒りの大切断!

今週の仮面ライダーYoutube公式配信には先週に引き続きキノコモルグと、ゾル大佐登場編となる地獄サンダーが登場!
キノコモルグ後編は『このまま殺しては面白くない』のくだりが悪の組織あるある過ぎて(むしろ元祖?)抱腹絶倒の展開ですね(笑)

そんなお茶目なキノコモルグは前回の記事で紹介しておりますので、今回は地獄サンダーの収録されている第12弾『地底から来た変なヤツ!!』編をご紹介。

ラインナップ

  1. 仮面ライダーアマゾン
  2. モグラ獣人
  3. 十面鬼ゴルゴス
  4. 仮面ライダークウガ(ドラゴンフォーム)
  5. ズ・バヅー・バ
  6. 地獄サンダー


仮面ライダーアマゾン

前弾(仮面ライダークウガ登場編)がXライダーフォロー弾だったのに続いての登場。
腰を低く落としつつ大切断を決める、ダイナミックなポージングで立体化。

全身の縞模様が省略されずに塗装されており、当時のガシャポンHGシリーズの勢いを感じます。

モグラ獣人

悪の組織ゲドンをから寝返り、アマゾンライダーと共に戦った”勇気の士”。

モグラ獣人のボリューミーなスタイルを再現。意外に複雑な造形をしてるんですねぇ。

太く短い尻尾もチャーミング♪

モグラ獣人のみ、通常のかまぼこタイプより大きめの補助パーツが付属します。

十面鬼ゴルゴス

獣人率いる悪の軍団、ゲドンの首領。
さすがに同スケールでの立体化はなりませんでしたが、ゴルゴスを分離出来るというコダワリをみせつけます。

十面鬼の口部分が抜けているのも地味にポイント高し。

仮面ライダークウガ(ドラゴンフォーム)

跳躍力に優れたズ・バヅー・バに対抗するために、仮面ライダークウガが超変身した姿。
基本形態であるマイティフォームと比較して、俊敏さと跳躍力が強化されています。反面、弱くなった打撃力を補う為にドラゴンロッドを使用します。

棒状の武器はどうしてもカプセル内で変形してしまいますが、熱湯に浸けることである程度は補正できます。

ズ・バヅー・バ

驚異的な脚力を持ったバッタ種怪人。警視庁では未確認生命体第6号と呼称されます。

グロンギ族の殺戮ゲームに“2日で81人を殺す”というルールで参加。人間を高所から墜落させるという方法で殺人を重ねます。(この殺害描写がリアルなのも怖かったですね~、直接的ではないのですが。)

『驚異のジャンパー』と名乗るだけあり、その跳躍力で赤いクウガを翻弄しました。超変身したドラゴンフォームに対しても『そうだ、その青がいい』と終始余裕を見せます。

元祖仮面ライダーと同じモチーフだけあって長いマフラーが目を惹きますね。兄のバダーはさらに確信犯的に仮面ライダーしてましたね♪

地獄サンダー

「(俺が居るから)ビクつくな!」と自信満々に言い放った直後、ゾル大佐の着任を知るや頭を抱えてしまう小人物ぶりが憎めない改造人間。タラコ唇もチャーミング。

最後は自分の作った蟻地獄に転落するというオチまで見事でしたね。

改めて見返すと、アリジゴクの「地獄」+雷の「サンダー」で地獄サンダーなんですね。てっきり砂の「サンド」が由来かと思ってましたわ。

hadagy

猫大好き!あとは怪獣、読書、映画も好きよ。 趣味はプラモデル作りなんだけど、最近はお仕事が忙しくてあまり作れていないなぁ。 名前の由来は「肌着」から。学生の頃、肌着で寮内をうろついていたらそんなあだ名をつけられたわ。本人も案外気に入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください