【ガシャポン】仮面ライダー5 ~トカゲロンと怪人大軍団編~

公開

仮面ライダー、本郷猛は改造人間である

Youtube公式配信に追い付け追い越せで更新してきました、「ガシャポンHG 仮面ライダー」レビュー!
ついに旧1号編の完結編、トカゲロンと怪人大軍団編のご紹介。

ラインナップ

  1. 仮面ライダー旧1号(本郷猛)
  2. ゲバコンドル
  3. ヤモゲラス
  4. トカゲロン
  5. 仮面ライダーストロンガー
  6. 電波人間タックル


仮面ライダー旧1号(本郷猛)

本郷ライダー編のラストを飾るのに相応しいラインナップ。
変身後のマスクオフ状態での立体化がニクいですねぇ~

肝心の顔も小サイズながらに初期本郷の特徴をとらえていると思います。さりげない立ちポーズが、撮影会の合間のオフショットを髣髴とさせて良い雰囲気。

ゲバコンドル

第11話「吸血ゲバコンドル」に登場。
それまで仮面ライダーに敗れた怪人の長所を集めて完成された「最強怪人」。
それまでの怪人成分はあまり残っていない気もしますが、一度は仮面ライダーを破った実力者です。

ゲバコンドルの精悍なプロポーションをバッチリ再現。ゲバコンドルって脚の筋肉がカッコイイと思うの。

キャラクターの好みとは別に(もちろん好きよ)立体物としてカッコいい、そんな一体です。

ヤモゲラス

第12話「殺人ヤモゲラス」
本エピソードはケガで降板した本郷猛の穴を埋めるべく、緑川ルリ子嬢も大活躍!

デンジャーライトを開発した白川博士(演じるは眼光鋭い吉田輝雄さん!)の助手が改造されたヤモリの特徴をもつ改造人間。


一応怪人って幹部扱いのはずなんですが、改造したてだからなのか格下であるはずの赤戦闘員に指図されたりして、組織内の人間関係というか力関係が気になります(笑)

自分が目を離した隙に大型デンジャーライトを奪われ、博士の返り討ちに遭うというなんとも間抜けな最期で、お世辞にも強い怪人とは言えませんがデザインとしては大好きな怪人の一体。

トカゲロン

伸び悩んでいた関東での視聴率(ちなみに関西では初期から20%以上の人気番組)を打開するために誕生した「怪獣タイプの怪人」。

怪獣を意識しつつも、ギリギリ「仮面ライダー」の世界観をぶち壊さないラインでまとめているのは流石です。

劇中のトカゲロンよりも2割増しでカッコよく立体化されてるかも!?(笑)
かなり生物感あふれる、カッコイイ造形です。

色彩も鮮やかなスカイブルーの体色にクリーム色の腹部が見ていて気持ちいいカラーリング。

トカゲロンファンなら必携の一体ですわ。


トカゲロンの代名詞と言える「バーリヤ破壊ボール」も別パーツで立体化。
「重さ5kgの鉄球を20mの距離から投げ込む」怪人の素体に起用されたのがなぜかサッカー選手という。まぁ投げるでも蹴るでも良いんでしょうが、砲丸投げの世界記録って20m以上あったりするという点は触れないでおきましょうか(笑)

「ヌハハハ…俺一人にもかなわぬお前が、11対1でどうやって勝てる…」

仮面ライダー13話より トカゲロン

そしてこの戦いが「再生怪人=メチャクチャ弱い」伝説の幕開けになろうとは、トカゲロン自身も夢にも思わなかったでしょう(笑)

13話に再登場する怪人は初登場時とはベルトの有無が違うメンバーがいるのですが、細かい事は抜きにしてもこのそろい踏みは興奮しますね~

仮面ライダーストロンガー

強化形態であるチャージアップは第2弾で立体化されていますが、やはり通常版も欲しいよね、という訳で相棒のタックルと一緒にラインナップ。

ポーズはいかにもストロンガーといった佇まい。

背中の塗装も抜かりなし。
ホント、これが200円だったんだから良い時代でした。

電波人間タックル

仮面ライダーストロンガーの相棒。

タックルの持つ可憐で、勇敢なイメージが上手く立体化されています。

彼女が「仮面ライダー」扱いされない理由については村枝賢一さんが描く「仮面ライダーSPIRITS」にて最高の回答が用意されましたね。このエピソードだけでも一読の価値ありです。

さて~、いよいよ次回からは2号ライダー編のHGシリーズを紹介していくわけですが、YouTubeの公式配信にもだいぶ追いついてきましたね!
ちなみに今週配信中なのがカニバブラーとドクガンダー(幼虫)。

その前にプラモデルネタでも挟み込めたらいいなと思っとります。

hadagy

猫大好き!あとは怪獣、読書、映画も好きよ。 趣味はプラモデル作りなんだけど、最近はお仕事が忙しくてあまり作れていないなぁ。 名前の由来は「肌着」から。学生の頃、肌着で寮内をうろついていたらそんなあだ名をつけられたわ。本人も案外気に入っています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください