【ミニプラ】キシリュウオースリーナイツ【騎士竜合体シリーズ01】

公開

全身にジョイント搭載!3体の騎士竜が合体!

製作途中のプラモデルもそっちのけ、4月発売のミニプラをこさえてました。
後述の通り成形色も頑張っているので悩んだのですが、シールは極力使わずに部分塗装で仕上げました。

  1. ティラミーゴA
  2. ティラミーゴB
  3. ティラミーゴC
  4. トリケーン+合体パーツ
  5. アンキローゼ+合体パーツ

4月1日発売。定価350円

ティラミーゴ

ラインナップの1~3を集めるとティラミーゴが完成します。

頭部の複雑な形状も、巧みなパーツ分割でしっかり再現。

ティラミーゴを構成する3種はシルバー部分の成形色が従来のグレーではなく、メタリック素材です。これは結構「おお!」ってなりました。

とはいいつつもシルバー部は塗装。
塗装剥がれ防止の為にトップコートも吹いていますが、気休めにもならんですね(笑)
遊べば剥げます。

胴体を構成するティラミーゴBにキャノンパーツ・ドリルパーツのダミーパーツが付属するので、3種だけでも成立するのがお母さんのお財布にも親切。

実際、ティラミーゴ単体での満足感が半端ないです。ロボにもなるし。

これまたティラミーゴBに付属するスペーサーパーツを使うことで頭の可動域を拡げることが出来ます。

咆哮ポーズなどで効果抜群ですね~

キシリュウオー

ティラミーゴを変形させることで巨大ロボ・キシリュウオーになります。

劇中ではかなりダイナミックな巨大ロボ戦を繰り広げてますね~!

1話や2話で見せた巨大マイナソーとの戦いはさながらウルトラマンシリーズを彷彿とさせました。

ボールジョイントなのは首ぐらいで関節のほとんどが軸可動なのが印象的です。
やや動きが硬い印象もありますが、今後の合体の際の負荷を考慮しているのでしょうか。

キシリュウオーに変形させるときには、股関節のジョイントを付け替えることでよりプロポーション重視の体形にすることが可能。

こんなコダワリをさりげなく入れてくるのは実にミニプラらしいですね。

トリケーン

リュウソウブルーのパートナー騎士竜。

名前の通り、鼻先の長大な剣がカッコイイですねぇ。

ほぼ直方体の体形にギッシリ竜装ジョイントが並んでいるので有形LEGOブロック感がすごい(笑)

アンキローゼ

リュウソウピンクのパートナー騎士竜。

シッポのハンマーがチャームポイントですねぇ。

トリケーンとアンキローゼのシルバー部はメタリックではなく従来通りのグレー成形。
なんとか一箱350円に収めようというバランス取りの苦労が忍ばれます。

トリケーン付属のキャノンパーツ、アンキローゼ付属のドリルパーツはティラミーゴのダミーパーツと交換することで、より迫力満点。ダミーパーツもバランスは着ぐるみに近い印象もあるので悪くないんですけどね。

竜装合体!

三体の騎士竜を紹介したところで、いよいよ竜装合体!

キシリュウオースリーナイツ

合体状態での初登場は意表を突きましたねぇ~

キシリュウオーの最も基本的なスタイルでありながら、スーパー合体のようなテンコ盛り感もあり素敵。

1話での大暴れが大変印象的で、巨大マイナソーのソフビ人形を発売して欲しくなったのはhadagyだけではないはず。

キシリュウオートリケーン

頭部をブルーリュウソウルに交換した姿。

先にファイブナイツまで登場していたので心配していましたが、ブルー回である9話で初合体しましたね。

キシリュウオーアンキローゼ

頭部をピンクリュウソウルに交換。

パワータイプのキシリュウオーアンキローゼ。3タイプの中では一番好きなデザインかも。

武装ブロックを上手く見立てたハンマーが見所。

トリケーンに続く10話でお披露目になりました。各タイプでアクションも個性づけられているのが面白いですね。

ロボ時に頭部となるリュウソウルは、残念ながら非変形ですが並べるとお面みたいで楽しい。

騎士モードのリュウソウルが騎士竜に騎乗している姿はなかなか魅力的なので、どうにか食玩でもフォローして欲しいところ。

キシリュウオートリケーンとアンキローゼの形態では余剰パーツが出てしまうのがやや残念ですが、それも竜装ジョイントでどこかしらに取り付けておけるし、俺合体へのいい取っ掛かりになったりするので恐るべしといったところですね。

ジョイントチェンジ!

最後は公式でも紹介されている様々な合体バリエーションを紹介。
まずは劇中でも登場したキシリュウオー単体でのジョイントチェンジ!

続いてトリケーン、アンキローゼとのコンビネーション。
DX版の取説でも紹介されているらしいです。

ティラミーゴを基本としたバリエーション。

そうこうしているうちにシリーズ第2弾の「キシリュウオーファイブナイツ&ディメボルケーノ」が発売されるのでとても楽しみです。

hadagy

猫大好き!あとは怪獣、読書、映画も好きよ。 趣味はプラモデル作りなんだけど、最近はお仕事が忙しくてあまり作れていないなぁ。 名前の由来は「肌着」から。学生の頃、肌着で寮内をうろついていたらそんなあだ名をつけられたわ。本人も案外気に入っています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください