超大阪怪獣談話室

公開

ど年末 怪獣で年忘れ!

株式会社キャスト公式サイトより引用 記事

2018年末に関西怪獣映画ファンの心のオアシスであるところの京都みなみ会館が閉館してしまいすっかりさびしい思いをしていたのですが、この年末はキャストさんがトークライブという形での年越しイベントを企画してくださいました。

キャストの藤原さんと京都みなみ会館の美人館長・吉田さんの並びを見ると、みなみ会館での上映イベントを思い出してワクワクするです。


キャストさん主催のイベントらしく(笑)、トーク内容は他言厳禁といった感じですが、触れられる範囲で言えば平成ガメラシリーズの造形を担当された原口智生さんの特撮ミニチュアとの馴れ初めの話なんか聞いてて胸がときめきましたねぇ…

電脳小僧さんによる未映像化シナリオの話は話が濃すぎてついていけるか不安になりましたが「ゴジラ対バットマン」のあまりにあまりな内容に抱腹絶倒。
円山さんのロケ地探訪のススメでは「稜線は裏切らない」など名言連発でした。
プチ旅行を兼ねてロケ地探訪、やってみたいですねぇ。

来場者のほとんどが一番気にしていたのでは?と思われる吉田館長によるみなみ会館の近況報告。

京都みなみ会館公式サイトより引用 みなみ会館リニューアル特設ページへ

来夏、再始動!

再始動の話自体はすでに公式サイトでも告知されていたのですが、苦労話やコダワリの部分も伺えて良かったです。何よりシアター数も増えますし、再開後の大怪獣イベントもどのような形で催されるのか、今からとても楽しみ!

個人的にはコーナーの合間合間に挟まれた山田知多乃さんの怪獣の鳴きマネ芸がツボでしたね。この面白さは会場じゃないと伝わらない(笑)

トークコーナーのラストは馬場卓也先生による珍ポスター紹介。
謎の男、ゲイリー・グラハムの正体は如何に!?…これも会場に行った人でないとわからない。本当にキャストさんのイベントは放送事故みたいなトークが楽しいので、気になる人はキャストさんのTwitterで最新情報をチェックやで。

休憩時間中の物販コーナーではゴジラとジェットジャガーの握手しているフィギュアに一目ぼれ♪

キャストさんのイベントではフィギュアを買うのが楽しみなのです。毎回新作出してるし、短期間でクオリティの高い完成品フィギュアを連発するキャストさんってすごいなぁ。

トークライブのラストに行われた抽選大会ではブロマイドセットがあたりました。両方持ってないヤツだったから嬉しい。


今年も最後に「大怪獣」の雰囲気を味わえて良かった!

地元に戻ると綺麗な日の出を見れて、2019年もいい年になりそうな爽やかな気持ちになれました。

抱負、じゃないけどブログの更新の方ももうちょっとマメに更新するように心がけたいなぁ。そんなマイペースなブログですが、2019年もよろしくお願いします。

hadagy

猫大好き!あとは怪獣、読書、映画も好きよ。 趣味はプラモデル作りなんだけど、最近はお仕事が忙しくてあまり作れていないなぁ。 名前の由来は「肌着」から。学生の頃、肌着で寮内をうろついていたらそんなあだ名をつけられたわ。本人も案外気に入っています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください