【食玩】SHODO 仮面ライダーVS9

公開

原点×原点!昭和と平成の1号が並び立つ第9弾

発売から2か月以上も経ってしまいましたが、待望の新シリーズ「SHODO X(駆)」も発売されたことですし今更ながらのレビュー。

変身前の姿である本郷猛のラインナップで話題となりましたね~

ラインナップ

  1. 仮面ライダークウガ マイティフォーム
  2. 仮面ライダークウガ アメイジングマイティ
  3. 仮面ライダーキバ キバフォーム
  4. 本郷猛
  5. ショッカー戦闘員(黒ベレー帽)

仮面ライダークウガ マイティフォーム

満を持して登場した平成ライダー1号。

開発者ブログでも担当が熱を込めて語っていただけあり、このサイズの可動フィギュアとしてはかなり好印象な造形。
マスクのバランスも良好ですが、特に下半身のプロポーションがクウガっぽい!と思います。


肩アーマーは例によって軟質素材をボディ側に固定する方式。
クウガにはまさにピッタリな方式ですね!

軟質具合も弾を重ねるごとにこなれてきている感じがします。


交換用手首には当然「サムズアップ」用手首が付属。これがないと始まりません。

「クウガ」という作品を象徴するポーズですね。


仮面ライダークウガ アメイジングマイティ

強敵ゴ・ガドル・バを打ち倒すため、再度の電気ショックを受けたことにより恒常的なライジングパワーの使用が可能になった形態。それはまた一歩、「凄まじき戦士」に近づいた事を意味した…。


マイティフォームのリデコ…ではあるのですが、見た目の印象より新規造形パーツが多いですね。やるなバンダイ。
手の甲にもしっかり「雷」を意味する古代文字が造形されています。


マイティフォームと組み合わせればライジングマイティも再現できそうですが、わざわざ作らんくてもその内発売されそうだなぁ…(笑)

仮面ライダーキバ キバフォーム

正直「キバ」はまだ未見なのであまり語れることが無いのですが…(笑)

顔はイケメンなのですが、目の塗装の精度があと一歩といったところ。

それでも一時期の事故みたいな品質よりはだいぶ良くなりましたけどね~(遠い目
第5弾ぐらいの頃は、いっそもう未塗装のABSキットでも良いよ!とか思ってたりしました(笑)


という訳であまりこだわりもないのですが、造形は素直にカッコいいかな。ファンから見たら色々意見はあるかも。

必殺技「ダークネスムーンブレイク」を再現するため、右脚の拘束具「ヘルズゲート」はひざ下からまるっと交換するという大胆な方式。意外に簡単に交換できます。
発動の際は問答無用で三日月の夜になるというロマンチックな必殺技。


本郷猛

間違いなく本弾の目玉といえるのがコチラ。

発売前から開発者ブログで盛り上がってましたね~


顔の造形については、本郷猛には見えるけど藤岡成分が抜けきってるなぁ~という印象。スッキリしすぎているというか。

孤独でナイーブな青年科学者・本郷猛、というイメージは十二分にありますのでそんなに不服でもありませんが。


スケールにあった自然な表現を目指した結果、目の塗装はオミット。陰影で感じてくれ!という仕様です。ここはこだわりに応じてリペイントしたりしたら楽しいですかね。

ブレザー姿での立体化という都合、可動範囲はやや狭め。
ネクタイの柄がプリントで再現など芸コマな点は◎。

ショッカー戦闘員(黒ベレー帽)

振り返ってみればこんなに戦闘員が充実したシリーズも珍しい気がしますね。
この調子でショッカー以外の歴代戦闘員も揃えていって欲しいものです。

本郷猛がラインナップとなれば、やはり必要になるのがベレー帽戦闘員ですね。

旧1号編中盤以降のアイマスクが統一されたスタイルでの立体化。
腕に覚えのある方は旧一号編の戦闘員全バリエーション再現とかやってみたら面白い?


頭部以外は発売済みのショッカー戦闘員と同じ仕様。そろそろ武器のバリエーションも欲しいところですが…

プレバンの赤戦闘員と組み合わせるとベレー帽の赤戦闘員も再現できますが、これのためにプレバンセットを買うくらいならリペイントの方が早いし安いですねぇ…(笑)

怪人ももっと欲しいですね~。

別にSHODOシリーズじゃなくても対決セットぐらいのサイズのソフビ人形で全然いいんですけど。

hadagy

猫大好き!あとは怪獣、読書、映画も好きよ。 趣味はプラモデル作りなんだけど、最近はお仕事が忙しくてあまり作れていないなぁ。 名前の由来は「肌着」から。学生の頃、肌着で寮内をうろついていたらそんなあだ名をつけられたわ。本人も案外気に入っています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください