【Youtube】仮面ライダーV3 第5話/第6話【鑑賞記】

公開

第5話「機関銃を持ったヘビ人間! 」

Youtube配信日 初回放送日 登場怪人脚本監督
2019年4月13日 1973年3月17日 マシンガンスネーク
ハンマークラゲ
鈴木生朗 塚田正煕

デェェェェン♪

今回デストロンが狙うのは、日本理論物理学会の最高権威・村山博士が完成しつつあった新エネルギー理論。

新怪人マシンガンスネークはカッコいいですねぇ♪

不遇な境遇の人たちに寄り添う、昭和のヒーロー像

村山博士の助手である西崎女史。夫はすでに他界し、息子のツトムと母子二人でつつましく暮らしています。

研究の為に帰りの遅い女史を待つツトム少年。母と子で身を寄せ合うシーンは小さな幸せと美しさを凝縮した名シーン。
ジ~ンときます。

ツトムの兄貴分であるマモルも交通事故で両親を失っており、新聞配達に励みながら姉と力を合わせて健気に暮らしています。このマモル少年がこれまた「いいヤツ」で、爽やかな気持ちにさせられます。

恵まれた境遇ではないかもしれないが、それでも健気に生きる人々。
その平和を脅かす黒い影・デストロン!ライダーV3の怒りが爆発する。

「掟」破り!

エネルギー理論を奪うため西崎女史を襲うマシンガンスネーク。偶然彼女の暮らす団地を訪ねた風見志郎と交戦状態に入ります。

変身ポーズを構えたその瞬間、マシンガンスネークの機関銃が火を噴く!

変身シーンは攻撃しないのがこの手の番組の不文律ですが、そんなものぞとあっさり破ってしまうデストロンに痺れますねぇ(笑)

辛くもライダーV3に変身するも、脚に重傷を負ったV3は一時退却を余儀なくされます。

原点回帰・改造人間の悲哀

重傷を負った風見志郎の連絡を受けた立花藤兵衛を追って、ついてくる純子さん。

「私あんまり心配だったから… お願い、何か手伝わせて…」

純子さんの気持ちを汲ん傷の手当を手伝わせるオヤッさんがオヤッさんすぎる。
ここの描写もそうですが、純子さんって「仮面ライダーV3 = 風見志郎」という事実を受け入れている感ありますよね。それでも純子さんの健気さを素直に受け止められない志郎の葛藤が苦しい。

呼べば応える、来てくれる!ヒーロー番組の真骨頂

捕らえられた西崎女史は頑なに新エネルギー理論の秘密を打ち明けようとしません。
業を煮やしたマシンガンスネークは発明者である村山博士を捕えようとしますが、抵抗する村山博士をあっさり手に掛けてしまいます。

博士を殺しちゃうのはマズいんじゃあないんですかねぇ…

急に行動が行き当たりばったりになってきた気がするデストロン。まぁこれぐらいガバガバな方が昭和ライダーっぽいというかw

マシンガンスネークに捕らえられるツトムとマモル。絶体絶命のピンチにツトムが叫ぶ。

「仮面ライダー!!」

子どもたちの叫びに応えて現れるのはヒーロー番組の本骨頂。
しかし戦いの最中、マモルがマシンガンスネークの凶弾に倒れまてしまいます。

「貴様…ッ よくも罪もない少年たちを!」

ここで26の秘密の一つ、ダブルタイフーンによる細胞強化を披露。一度は倒れたマシンガンスネークの弾丸にも耐えぬきます。

怒りに燃えるV3の反転キックがマシンガンスネークに炸裂!!

「ツトム…仮面ライダーって本当にいたんだな」

さらっと名言をつぶやき、気を失うマモル少年。

傷ついたマモル少年を病院に運ぼうとしたその瞬間、強烈な地震がV3たちを襲う。

「マシンガンスネークがやられても、デストロンの組織は揺るぎはせん!このハンマークラゲがいる限りはな!!」

つづく

第6話「ハンマークラゲ出現! 放て、V3の必殺わざ!! 」

Youtube配信日 初回放送日 登場怪人脚本監督
2019年4月13日1973年3月24日 ハンマークラゲ 鈴木生朗 塚田正煕

デェェェェン♪

突如出現したハンマークラゲに苦戦するV3。傷ついたマモル少年を優先しひとまず退却します。

先のマシンガンスネークに続き、名デザインのハンマークラゲ。

病院に駆け付けたマモルのお姉さんに事情を説明する志郎。しかしお姉さんは信じません。

「嘘です…!悪の組織だの改造人間だのって、誰がそんな事信じられますか!?」

さらっと番組の根底を覆す爆弾発言(笑)
市井の人々にとって世界征服だの、悪の組織だの信じられないというのは逆説的なリアリティがあります。
志郎たちを疑うマモルのお姉さんに早速「デストロン」「改造人間」ハンマークラゲが迫ります。う~ん、誤解を解く必要すらなかった(笑)

マモル少年の為に志郎が血液を提供したと知り、ハンマークラゲに脅かされてツトム少年を連れ出そうとしたことを打ち明けるマモルのお姉さん。「裏切ったな!」とハンマークラゲが急襲。

ツトム少年をさらわれまいと、立花のオヤッさんが大奮戦。相手が戦闘員とはいえ改造人間と互角に渡り合える格闘センスは健在です(笑)

デストロンの車に発信機をつけるなどGood Job。

新技炸裂!V3スクリューキック

首尾よくツトム少年を捕えたデストロン。母親である西崎女史に新エネルギー理論の説明を迫ります。 頑なに説明を拒んできた西崎女史も捕らわれの息子を前にはデストロンの要求を呑まざるをえません。

「待て!」

ピンチに駆け付けてこそのヒーロー。
建設現場での高低差を活かした立体的なアクションが冴えまくります。

V3・26の秘密の一つ、V3スクリューキックが炸裂!ライダー1号の技を引き継いでいるだけあり、ほぼ毎回新技が炸裂しますね。

母子と姉弟に平和が戻ります。村山博士の研究をツトム少年が継いでくれたら…と夢を語る西崎女史。

「―オッス!」

マモル少年の傷が癒えるまで新聞配達を手伝うという純子ねえさん。帽子とパンツルックがカワイイのぅ。

2篇を通じてゲスト・西崎女史役で印象的な演技を残されたのは前田通子みちこさん。
昭和31年「女真珠王の復讐」での一糸まとわぬ体当たりの演技で話題を呼び、2年で20本もの映画に出演した大女優ですね。

どおりでデストロンの拷問シーンでの悶え方がなんだか艶めかしかったわけだ。

あとがき

なんとか土曜22時の配信には間に合いましたね~(^皿^
一週遅れのペースですが、案外この感じでもいいかも?

気合で熱かった「ゴーゴーファイブ」の後は「タイムレンジャー」が始まって、さっそく次回配信が楽しみな作品。メタルヒーロー枠では「ソルブレイン」がクライマックス!順当にいけば次は「エクシードラフト」かしら。終わる淋しさと、後番組へのワクワクはYoutube配信であっても同じですね!

ボチボチ、プラモ製作記事の更新もしたいところ。(*´ω`*)

hadagy

猫大好き!あとは怪獣、読書、映画も好きよ。 趣味はプラモデル作りなんだけど、最近はお仕事が忙しくてあまり作れていないなぁ。 名前の由来は「肌着」から。学生の頃、肌着で寮内をうろついていたらそんなあだ名をつけられたわ。本人も案外気に入っています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください